生物と機械の間(自然言語処理研究と徒然。DeepにLerning中)

自然言語処理研究@レベル1。「コンピュタと人間の相互理解を深める」を大きなテーマにしています。タスクは対話システム。分子生物学から興味が移動したため、生物と機械の間を探しています。生物をモデルにしたプログラムが好きです。

multi domain(?)な 入力でテキスト生成(対話文)を行う 2日目

 続き

kenkyuublog.hatenadiary.jp

 

 

体調不良、、、。

multi domainな入力からのテキスト生成を探しているが、

なかなかコードがある論文見つからない。(コードを参照したいのに!)

 

お、そ、い。

し、あまい。

 

とりあえず、それっぽい論文を探してきた

・Hybrid Code Networks: practical and efficient end-to-end dialog control with supervised and reinforcement learning

・Toward Multi-domain Language Generation using Recurrent Neural Networks

Multi-domain Neural Network Language Generation for Spoken Dialogue Systems (図がないのが辛い)

 連想対話モデル: 発話文から連想した視覚情報を用いた応答文生成

 

朝しかまとまってやる時間ないのに、朝3時半に起きれない。

8時半に寝て3時半に起きることの徹底、

仕事には絶対いけてるから、ぜったい8時半にだって寝れるはずだし3時半にだって起きれるはず(できていた日々もあったし)

 

ただ、単純に甘いだけ。

慣れるまでは辛いかもしれないが、慣れレアばこっちのもんだから。

夜、ゆったりするのか、それとも朝研究するのか。

流さられそうになった時問いかける。

若者は快楽より冒険に身を委ねる。