生物と機械の間(自然言語処理研究と徒然。DeepにLerning中)

自然言語処理研究@レベル1。「コンピュタと人間の相互理解を深める」を大きなテーマにしています。タスクは対話システム。分子生物学から興味が移動したため、生物と機械の間を探しています。生物をモデルにしたプログラムが好きです。

強く、賢く、美しく。クラシック、クール、チャーミング。 本気に必死に。

multi domain(?)な 入力でテキスト生成(対話文)を行う 1日目

続き

 

kenkyuublog.hatenadiary.jp

 

memory network をざっとやって見て気づいたのは、

memory network はあくまでメモリー

その情報を使ってどう生成されるかは切り離して考えた方がいいということ。

私のやりたいことにmemory network を使うとしたら、おそらく入力部なんだろうけど、それを利用してどう応答文を生成するかはまた、別の話っぽいな。

 

2つ考えている実装の概要を紙のノートに書いたけど、

どうやら multi domain(?)的なことを作る必要がありそうだ。

 

入力を画像とか色々に入力するやつ。

知り合いでやってた子もいたと思うから、ちょっと聞いてみよう。