生物と機械の間(自然言語処理研究と徒然。DeepにLerning中)

自然言語処理研究@レベル1。「コンピュタと人間の相互理解を深める」を大きなテーマにしています。タスクは対話システム。分子生物学から興味が移動したため、生物と機械の間を探しています。生物をモデルにしたプログラムが好きです。

勉強法で抑えるべきポイントとは? ゆー式★勉強法マップで自分に足りない要素を探そう!

前回の以下の記事でもお伝えしましたが、適切な勉強法は人によって違います。

honblog.hatenadiary.jp

 

けれども、勉強法には大きく抑えるべきポイントがあると思っています。

それは

「動機」と「決意」

そして、「モチベーション」「進捗管理」「集中力」「その他(出力法・インプット法・理解法など)」
です。

イメージとしては、動機と決意を土台に、「モチベーション」「進捗管理」「集中力」「その他(出力法・インプット法・理解法)」を回していくイメージです。

f:id:hootate:20201031235434p:plain

 

 

「動機」と「決意」がないと、まず何も始まらないですよね!
また、ここの意思が固ければ固いほど、どんな困難にも立ち向かっていけますし、最終的に達成できるかどうかは、ここが大きく関わってくると思います。

「動機」と「決意」のが強く固まった後、つまり「どこに辿りつきたいか?」
が決まったあろ、次に、どういう風に辿りつくか?進むことができるんですね。

そこで、効率的な「勉強法」が必要になってくるわけです。

勉強は様々にありますが、抑えるべきポイントは

「モチベーション」「進捗管理」「集中力」「その他(出力法・インプット法・理解法など)」

に、当てはまる自分にあった勉強法を用意することだと思っています。

この、各カテゴリに自分にあった勉強法を当てはめていく

 

「ゆー式★勉強法マップ」を次回はお伝えしたいと思います★

 

【今日のゆー式★下克上勉強法ワンポイント】
 動機、決意を固めたあと、自分にあった「モチベーション」「進捗管理」「集中力」「その他(出力法・インプット法・理解法)」の関する勉強法を埋めよう。

 

自分自信では、今「集中力」の部分に関してが弱く

「自分の思うようなインプットとアウトプットの速度が得られない」

と悩んでいます。私も勉強法の見直しを早速してみたいと思います★