研究ブログ

研究の記録。人工知能(DeepLearning)。自然言語処理。機会学習。

モチベーションノート

・モチベーション維持のために具体的な目標

 

①社会人大学院、入学と卒業を遂げる。

①学会に論文を出す

②ブログで人工知能についての説明を書き続ける

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以下自分の日記より

 

あまりの巨額な「お金」と「時間」に、足がすくむ。

そして、社会人で大学院を終了することの過酷さ、

その時間との戦いを思うと、

一歩進むとがけに落ちるのではないかという恐怖に襲われる。

 

ワザワザ、自分から、暗い暗い底の無い崖へと足を踏み出そうとしているのでは?

と。



ここまでのお金と時間をかけて、やる意味があるのか?

その価値があるのか?

研究者になりたいわけでもないのに?

 

君の本業は司書だろ?

そのお金と時間、司書というものに

周りの人達や生活に使った方がいいんじゃないの?

 

そういう声が聞こえてきて、足が、すくむ。

 

時間が経つごとに

なんで、勉強、研究するのにこんな高いお金が必要なんや!!!!

(大学入学の時も思ったけど)

なんで、勉強したい人が、勉強するのにこんな高いハードルが必要なんや!!

諦める人がいなきゃいけないんだ!!!

もっと学びたい人が素直に学べたら、、、、

もっとそういうことは平等なものであるべきはずでしょう、、!?

日本コノやろー!!!

 

って怒りがフツフツと湧くんだけど、

まぁ、そんな不満を本気で改善したいなら、政治家になるとかしないといけないわけで。

 

やっぱり、両方やりたいって(研究、司書)のは、贅沢なのかな、、

わがままなのかな、、、

 

どっちかに絞ることが正しいことなのだろうか

○○さん(修士(?))

○○さん(博士)は

はどんな気持ちで、働きながら大学院に行くことを決めたんだろう、、

 

聴きたいな

 

うん。

でも、確実に言えるのは

「研究、やらないと。このか細く垂れている糸を、掴まないと一生後悔するぞってこと」

 

きっと、後悔する。

 

 

研究は、やり続けよう。

2016/11/02

「私はこの道を進もう」

そう思った。

と書いている。

 

やり続けよう、どんなに辛くても苦しくても。

やると決めたなら。

考えうる全ての手段を行使しろ。

続けるためには?

結果をだすためには?

モチベーションを維持するためには?

 

手を抜くな、考え抜け。

泣くまで、やれ。

泣くまでだ。

 

研究は楽しい。どうしようもなく。

わからなかったことがわかるようになること。

今まで無かったものが生まれる瞬間。

見いだせる瞬間。

それはどうしようもなく中毒的に楽しい。

そして、生まれた技術は世界をよくできる、、、

工学の力に胸がドキドキワクワクする。

 

工学は楽しい、どうしようもなく。

研究は楽しい、どうしようもなく。

工学の力を、私は信じている。




贅沢なんだろうか。

贅沢なんだろうか。

仕事しながら、研究をやるって。

 

まだ、私は地獄の苦しみを味わったことはない。

耐え抜けるか。

いや、頭を使って戦略持って、あらゆる手段を行使して、行けるとこまで行くしかない。