研究ブログ

研究の記録。人工知能(DeepLearning)。自然言語処理。機会学習。

このブログについて

ーこのブログについてー

開始日:2017-8-6。

更新日:毎週日曜9:00更新(時間模索中、変動します)。

内容:日々の研究についての記録

分野自然言語処理。機会学習。DeepLearning)。

宣言:これは仕事です。

(9/17)今週の反省

 

もう9月ですねぇ寒いです。

 

最近月日が経つのがあっという間です。

 

けれど、研究&勉強はノロ亀ペース。

もっと考えて、工夫して、自分の頭で戦略考えてやらないと。

自分の甘さと闘おう。

 

ルーティーンカードと、スケュールジュール帳、立てかけカレンダー、タイマー、修造、情熱(ピアノ)、図書館、を武器に。

 

 

☆今週の反省

①会社に研究生に行くことを伝える

→△:先輩には

②研究を次のステップへ

→×:願書作成に追われて論文読めず。探し方も曖昧。芋づるでやるべき。

Linuxの教科書終わらせる

→×:終わってない

(④二宮金治郎しながら、朝、地下でプログラマの数学読む)

→△:若干進んだ。数学を自分なりに再解釈するの楽しい!

 

☆来週の課題

LINUXの教科書終わらせる

 

②10万文字データの学習

 

(③二宮金治郎しながら、朝、地下でプログラマの数学読む)

 

今週の目標はシンプルに

論文読みはこれが終わってから

次の段階へ(一週間の反省)

こんばんは。

今日も、研究ブログの一週間の反省をします。

 

もう少し、自分よがりではなく、他人に読んで貰うことを気遣った文章にしないとなぁ、と思いつつも、時間に追われて「おざなり、自分よがり」の文になってしまいます。

 

でもコツコツ書き続けて、少しづつでいいから、他人が読んで、タメになるなぁって文章を書けたらいいなと思います。

 

・連載・人工知能って一体なんなのさについて

人工知能って一体なんなのさ」ってことを、誰にでもわかりやすく伝えるために、物語形式にしよう!

って構想と、ストーリは一通り考えたものの、プロローグまでしか進んでいません。

のろ亀ペース。

来月までには、第一話を完成させたいです。

タイトルは

人工知能と秘密のパン屋」

です。

我ながら、変なタイトル笑

 

☆以下一週間の反省

 

①9時に寝て3時に起きる。

→△:定着しきれず、以下三点のコツを使い、継続的にやっていきたい

定時退社に命をかける(そのかわり早く出勤)(オーバーワークをしない)

8時半にはお布団入る

・ルーティーンを確立させる

 

②研究生の決断

→◯:行く決断。次は、会社に思いを上手に伝えられるかが勝負。

 

③対話システムの学習(DeepLearning)

→◯:微々ながらも学習が進んでいる。「疲れた」っていうと「お疲れ」って返してくれる。かわいい。

 

Linuxの学びなおし

→×:一章しか進んでない。だめ

 

☆来週の自分への課題

①会社に研究生に行くことを伝える

→いかに思いをうまく伝えるか、慎重に考えてから伝える。

 

②研究を次のステップへ

「文献収集→実験→論文→他人からのフィードバック」

を回すべく。文献収集に入る。MendelyとかEndNote使いたい。

一週間の目標は7論文(一日一論文ペース)

 

Linuxの教科書終わらせる

→1日4章ペースで、一章あたり20分。1チャプターあたり4分。

 

(④二宮金治郎しながら、朝、地下でプログラマの数学読む)

→はずかしさを捨てよう。

 

 

 

もそもそと一周間の反省

大和ちゃん(対話システム)動いた!!!!泣

学習まだまだだけどね。

 

しかし、今気づいたけど、decodeのところ間違ってる、、、泣

下手したら学習し直しかも、うーーん、落ち込むなぁ。

 

おはようは言える良い子ちゃんです。

 

f:id:hootate:20170903220900p:plain

 

 

 

 

☆今週の自分への課題反省

一日一エラー→○(3時におきて、もりもり解いた)

 

大和ちゃん(対話システムの名前)、エラー乗り越え構築完了(CPUだけど)!!!!

けれど、ノートパソコンだと学習がものすごく重い、、し、熱が、、

 

 

☆来週への自分への課題

→①9時に寝て3時に起きる

コツ

・定時退社に命をかける(そのかわり早く出勤)(オーバーワークをしない)(良い

仕事しよう)

・一番早い電車乗るの目指す

・8時半にはお布団入る

→②研究生の決断

→③大和もうちょっと喋れるようにする。

→④LInuxの学びなおし(LINUXの教科書完)

 

 

 

もそもそと一週間の反省

またも、大遅刻。
電車の中で、もそもそと更新。

今日の夕方には、構想が寝れてきたので、第二回人工知能って一体なんなのさを更新したい。

☆今週の自分への課題反省
CPUで対話システム構築
→△エラーが解けきれず。

☆来週の自分への課題
一日一エラー!!
一日一エラーは解決する。
それぐらいの勢いじゃないと進まない。


最近コマンドプロンプト使ってウィンドウズでもちょろちょろ、プログラムやってます。
これでpythonをウィンドウズでも動かせる!

車の中でもそもそと、一週間の反省

大遅刻です。

車の中でマイMacちゃんを開いて、もそもそ更新してます。

 

☆先週の反省

①ターミナルでgitできるように

→教科書△まだ途中。

 

②cpuで大和(対話システム)構築

→△ただいま構築中。しかしエラーをはく、、

手当たりしだい、解決していくしかない。

 

☆来週の自分への課題

①CPUでの大和(対話システム)構築。

 

再来週あたり、、

学習走らせている間にgitの習得したいな。

 

後、第二回人工知能って一体なんなのさ?

書くの、もう少しねってから、あげたいな。

やっぱり物語形式かな、、。

 

あーもっと勉強して、研究の他にも、面白いもの、役立つシステムを作りたい!!!

 

究極のスケジュール帳とか、

 

私が時間を忘れて没頭できるものって

・研究

・読書

・大好きな友人とのおしゃべり

・プログラミング

・文章を書くこと

・ものづくり全般

 

だなって思うので、これらのことを極めて、誰かにのためになるようなことをしたいって思います。

 

 

 

第1回:人工知能って結局何なのさ

今世間で言われてる人工知能って結局なんなのさってことを、

 

①別分野の人が見ても理解できるように。

②行って理解できるよう。

(なるべく手を動かしてもらう)

③細かく分けて

 

上三つに重点を置いてやっていきたいと思います。

※とても個人的解釈なので、色々ぼろがあるかと思いますが、どうか生暖かい目で見守ってやってください、、。

 

到達目標は、

NNモデルについてを肌で理解してもらう。

そこから、ディープラーニングについての概要を理解してもらう。

のようなところでしょうか。

 

 

第1回:人工知能って結局何なのさ

 

 今言われてる、人工知能って、皆さんどんなものを想像しますか。

 

人工知能って聞くと、まるで、人間の知能を再現したようなものをイメージしますよね。

極端に言えば、アトムのような。

 

確かに研究者や工学屋の方々はそこを目指していると思いますが、

今、この時代で「人工知能ディープラーニング)」と呼ばれているのは、人間の知能の仕組みとはかなり別のものです(と私は考えています)。

 

例えるならば、飛行機と鳥の関係です。

 

飛行機は、確かに鳥から仕組みのヒントを得て、

「空を飛ぶ」

という機能を実現させた物ですが、

飛行機と鳥は全くの別物ですよね。

 

この例の関係が、人工知能と人間の関係にも当てはまると思います。

飛行機=人工知能

鳥=人間

となります。

 

確かに人工知能ディープラーニング、以降ディープラーニングに統一)

は人間の脳の仕組みからヒントを得て作られた物ですが、

人間の知能の仕組みとは全くの別物です。

 

そもそも、この問題を考え始めると

「知能ってなんだろう?

知能の生まれる仕組みってなんだろう?」

って問題にぶち当たります。

 

そして、その問いに答えは出ていません。

ですし、そこを考えるのは、生物学とか認知科学の方の領域に大きく傾いてくると思います。

 

工学屋の主な仕事は

「どう解決するか」

「どう改善するか」

です。

 

ちなみに、私は、生物(生物も大好き!)、認知科学(面白いー!)、もちょろっとかじった人間ですが

生物=解明と、応用の学問。

工学=解決の学問。

と捉えています。

そして、生物と情報学、二つの学問を学んで、作られたのは

「人間も機械じゃん」

という持論です。

 

いやいや、何言ってんだ、、。

と引かれる方も多いかと思いますが、

この記事を通して、あーそういう意味ねってわかってもらえるよう、書いていきたいと思います。

 

「人間も機械」

と思っているからこそ、

「今の「ディープラーニング」は、人間の知能のカラクリとは違うんだ」ってことを言いたくなるのかもしれません。

当たり前っちゃ、あたり前なんだけどね。

 

だから、

「機械に人間が支配されちゃう!」

という話を聞くと、少し違和感を抱きます。

「うーん、人間も機械でしょ。

でも確かに、機械1が機械2の全体の動き方を、より意思的に統制する、仕組みができる可能性はあるのかも(し、今ももうすでにできてるよね。 スマホSNSとか。意志性低いけど)」

って思います。(変人だ!)

 

大きく話が脱線したり、ふわふわした文脈になりましたが。

今回の回でいいたかったのは

 

人工知能ディープラーニング)と人間の知能の仕組みは、全然違うよ!!

 

ってことでした。


・来週予告

来週いよいよ、実践形式でやっていけたらな思います。

 

私はディープラーニングの根っこの根っこはこの式に凝縮されると思います。

 

f:id:hootate:20170813123704p:plain

うわっ、式が出てきたよ、って思われる方もいたかもしれませんが、

大丈夫です。めちゃめちゃ簡単です。

足し算、引き算、掛け算ができればわかります。

来週はこの式の説明について、実際に手を動かして、やれたらなと思います。

 

 

★今週のまとめ

続きを読む